ビガープラス for Cats ストマック

  • ビガープラス for Cats ストマック

プロポリス、有胞子性乳酸菌、植物発酵エキスが腸内環境を整え、免疫力を向上。下痢、嘔吐、便秘、食欲不振を改善します。

ビガープラス for Cats ストマック

価格(税込) 12,960
個数

最短のお届け日は2017年6月27日(火)です。
北海道、九州、沖縄の場合はプラス1日かかります
送料・代引手数料は無料です。

製品詳細
名称
動物用栄養補助食品
内容量
100g
形状
粉末
賞味期限
12ケ月
保存方法
常温保存
原産国
日本
製造・販売
株式会社ハピナル
原材料名 鰹節粉末、ビール酵母、デキストリン、カツオエキス、マタタビ末、ビタミンC、植物発酵エキス末、有胞子性乳酸菌、ガラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、プロポリスエキス末
ご注意点
  • 体質に合わない場合はご使用をお控えください。
  • 直射日光や高温多湿な場所での保管はお控えください。
  • 生後3ケ月未満でのご使用はお控えください。

原材料、嗜好性、製法の全てにこだわり抜いてお作りしました。

お客さまの声(一例)

福島県いわき市 田村さん

ミルは13年目のスコテッシュフォールドです。長い間下痢がずっと続いていまして、病院でも原因が分からず、病院でいただいた薬を与えてもまったく効果がありませんでした。それがサプリを試してみようと思ったきっかけです。それがうれしいことに、与えてから1カ月程度で下痢が治まってくれました。まだ半分ほどは残ってますが、足腰も弱っているので次は関節用のサプリを試してみたいです。

岐阜県関市 戸口さん

もともとがおなかを壊しやすい子で、季節の変わり目には必ずといっていい下痢になっていたので、とても可哀想でした。知人の猫がビガープラスを使ってしっかりした便が出るようになったと聞いたので、それで試してみようと思いました。 最初は適量のスプーン1杯分を与えても食べようとしなかったので、少しの量から与えるようにしました。その後は徐々に慣れてきたのか、二ケ月たった今では問題なく食べてくれています。ゆるめだったウンチもしっかり硬くなってくれて、以前より食欲も旺盛で、とても元気そうにしています。

東京都国立市 神田さん

このサプリを与えてからは、少しゆるめだったうんちも、今ではしっかり硬いうんちが出るようになりました。味がおいしいみたいで、これだけでもペロペロなめて食べてくれてます。健康のために、これからも注文しようと思ってます。

和歌山県橋本市 藤井さん

柔らかい便や血便が処方食でもまったく良くならないので、ドライフードに混ぜてあげられる粉末タイプのサプリメントを探していました。このビガープラスはとても食い付きが良いので、とてもおいしいみたいですね。柔らかい便をするときは今でもたまにありますけど、普段は健康なウンチが出るようになり、とても安心できるようになりました。血便も解消されて、お腹の調子はとても良い状態になってきているようです。良い商品に出会えて本当によかったと思っています。

愛知県岡崎市 新田さん

吐く頻度が多く、病院に行っていろいろ検査をしてもらっても特に異常は見られなかったので、吐き気の解消と、免疫力アップのためにこのビガープラスを購入しようと思った。与えはじめてすぐには効果は見られなかったけど、2、3週間ほど経った頃から吐き気も徐々に治まってきた。今でもたまに吐いているけど、頻度はかなり減らすことができたので、このまま続けてみようと思う。

大阪府寝屋川市 山中さん

とても安全な原料で作られていて猫にも安心だと思って購入した。

富山県高岡市 畑山さん

愛猫が下痢ぎみで月に1度は病院にお世話になるほどでした。その改善にと思って購入しました。最初から嫌がらずに食べてくれてよかったです。それからは便の状態はずっと安定しています。調子もすごくいいようで、とっても満足しています。

とってもおいしく食べる様子を動画でいただきました。

ビガープラスの与え方・1日に与える量

下記を目安に1日1回、または数回に分けて普段の食事に混ぜて食べさせてください。食欲がない場合はミルク、ヨーグルト、流動食、粉末のスープなどに混ぜて与えるのも良い方法です。

  • 体重5kg未満・・・すりきり1杯(約1.5g)
  • 体重5~15kg・・・すりきり2杯(約3.0g)

粉末の量を加減できるから、味や臭いに敏感な猫ちゃんでも安心!

生きてお腹に届く有胞子性乳酸菌を配合

年齢とともに、腸内の善玉菌は減少していくといわれていますが、老年期になると、腸内の善玉菌は赤ちゃんの頃の約1%未満まで減少するといわれています。

その腸内の善玉菌の減少により、悪玉菌がどんどんと増えてしまいますので、腸の老化によってお腹を壊しやすくなり、嘔吐や下痢などの症状に繋がります。

本製品に含まれる有胞子性乳酸菌は胞子の殻で菌体が守られているため、熱や胃酸にも大変強く、口から摂取しても腸まで届き、その胞子は腸管内で発芽して、生きたまま活発に繁殖してくれるという優れた特徴があります。

有胞子性乳酸菌でない場合には、口から摂取をしても、胃酸で99.9%が死んでしまうため、生きたまま腸に届くことはありません。

太古に野生で狩りをしていたときの猫は、獲物の生肉や内臓を食べることで生きたままの乳酸菌を摂取できていましたので、生きてお腹に届く有胞子性乳酸菌は、猫の腸内環境を整える上で大変優れた効果が期待できるのです。

猫の消化器と健康

人間に飼われるようになる以前、野生の猫は狩りをして生肉を食べていました。獲物の腸に含まれる内容物には生きた乳酸菌がたくさん含まれており、その獲物の内臓を食べることによって腸内細菌を補充していました。しかし、現在のペット達はドライフードを主食にしており、生きた菌を口にする機会がほとんどなくなっています。

消化官内に生き続ける腸内細菌の種類は約300種類、その数は約100兆個といわれ、総重量は約1kgにもなります。腸内細菌は生体のその他各種臓器に匹敵する規模をもち、生命活動にとっても重要な働きを持っています。

その働きとは、ステロイドホルモンやビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸、ビオチン、ビタミンKなどのビタミン類の生産への関与、免疫系の賦活、脂質代謝の活性化、腸内では消化できない繊維質を分解したり、たんぱく質や糖類を分解して消化・吸収・代謝への作用など猫の生命活動に欠かすことのできないものです。また、腸内細胞のバランスが異常になることによって作りだされた有害物質が長期間にわたって生産・蓄積されると、疾患を発生させたり免疫力を低下させたりするようになり、アレルギー症、アトピー等やガンなど種々の病気の原因になってしまいます。

このように、腸の健康は全身の健康につながっており、腸を悪くすることで様々な弊害が発生するといわれています。

生きて届く乳酸菌

植物発酵エキス末に含まれる乳酸菌はモンゴルで馬乳酒の製造に使われる乳酸菌を使用しています。さらに本製品は有胞子乳酸菌も配合しています。これらの乳酸菌の特徴は腸管まで生きたまま到達し、腐敗菌を抑えてくれます。さらに、乳酸菌の栄養源となるオリゴ糖と食物繊維の豊富なビール酵母も配合し、腸内環境の正常化を促します。

多彩なアミノ酸

アミノ酸はたんぱく質の材料として使われるほか、必要に応じてエネルギー源として利用されます。さらに、個々のアミノ酸は、それぞれ体にとって重要で、特徴のある役割を担っています。植物発酵エキスは猫にとっての必須アミノ酸の全てを含み、様々なアミノ酸を含み、新陳代謝を活発化し、腸だけでなく全身の健康に貢献します。

ページの先頭へ