大切なワンちゃんやネコちゃんにこのような症状はありませんか?

クーラー病(冷房病)

症状

ワンちゃんやネコちゃんも人間と同じでクーラー病(冷房病)にかかることがあります。その症状は、咳やくしゃみを何度も繰り返したり、鼻水がたくさん出るといった、風邪を引いたように見える場合があります。

最初はカッカッという軽い咳をする程度でも、放っておくと症状が悪化してしまい、苦しそうに呼吸をするようになったり、頻繁によだれを出すようになります。また、ひどいときには吐血してしまうこともあります。

クーラーの寒さだけでもお腹を壊してしまい下痢や嘔吐を繰り返してしまうこともあります。

原因

夏場は外気温と室内の温度差が激しいために、自律神経のバランスを崩しやすく、ワンちゃんやネコちゃんは体調を壊しやすくなります。

ワンちゃんやネコちゃんが生活している場所は人間よりも低い位置であることや、床の上などは冷えやすい場所であるために、人間が快適な温度であっても体が冷えすぎてしまうことがあり、そのようなことも体調を崩してしまう原因になります。

クーラーを長時間付けると空気が乾燥してしまい、ワンちゃんやネコちゃんの気管を痛めてしまう原因にもなりますので、風邪を引いてしまうばかりか、放っておくと気管支炎や肺炎になってしまうこともあります。

予防とケア

クーラーを一切使ってはいけないという訳ではありませんが、クーラーばかりに依存しないように、なるべく窓を開けて自然に風通しを良くしておくことや、扇風機やクールマットで熱を発散できる環境を作っておいてあげましょう。

また、冷たい空気は下の方へと流れていきますので、床のあたりだけが冷えすぎないように、床の付近の温度が28℃より低くならないように、定期的に温度計でチェックしてあげるのも予防法の一つです。

ページの先頭へ