大切なワンちゃんやネコちゃんにこのような症状はありませんか?

日射病

症状

日射病になると、舌を真っ赤にしながら激しくハアハア(ガーガー)という呼吸を息苦しそうに繰り返すようになります。また、よだれを大量に出すようになり下痢や嘔吐を起こすことがあります。

また、突然意識が朦朧として急に倒れ込んでしまったり、立っていられずに体を横たえてしまうことがあります。

原因

日射病は、夏場など強い日差し(直射日光)を浴びてしまうことで極度の脱水症状を引き起こし体温が上昇してしまう状態です。特に屋外でワンちゃんを飼っている場合には夏場に日影に入ることができない環境だと、ほんの短い間であっても、すぐに日射病になってしまう危険性があります。

また、夏場のお散歩はアスファルトの路面が50℃近くまで上昇してしまいますので、アスファルトの照り返しも日射病の原因になってしまうことがあります。

予防とケア

日射病は、最初の症状は軽いように見えていても、症状が急激に悪化してしまい、ショックで死亡に至る可能性もある大変恐ろしい病気です。

ワンちゃんを公園やドッグランなど屋外に連れて行くと、喜びのあまりつい夢中になって長時間運動を続けてしまうことがありますが、夏場は日射病の発症リスクが高くなるので十分に注意が必要です。

その予防のためには、飼い主さんが定期的に休憩を挟んであげるようにしたり、水分補給もこまめにおこなうようにしてあげましょう。できたら、霧吹きなどを持参し、時折かけてあげることが予防になります。

また、室内や車内でクーラーを付けていたとしても、カーテンをしていない環境や、ケージの中で自分から涼しい場所へ移動できない場合には、長時間直射日光にさらされてしまい、すぐに脱水症状を引き起してしまう可能性があります。

ワンちゃんやネコちゃんはもともと人間以上に暑さに弱く、人間のように汗をかいて体温調節をすることができません。夏場は必ず、普段の生活スペースに日陰で涼しい環境を作ってあげましょう。また、夏場のお散歩は日差しの強い日中を避けるようにして、比較的涼しい朝晩などの時間帯に連れて行ってあげましょう。

ページの先頭へ